人生大逆転を狙うアラフォー無職男のブログ – まぁゆっくりいこうよ –

起業して人生を謳歌するも挫折し再就職したが3ヶ月でうつ病寸前になり退職、実家に戻り母親と2人暮らしになる。地方の風はもっと厳しく未だに無職だが、個人事業主として再出発、もう1度ビッグウェーブを目指して奮闘中!

*

JAXA ”宇宙を模擬した閉鎖環境化でココロの動きを探る”治験に応募してみた!

      2016/09/04



今日はなんだかお金が出ていきます

社会保険料の振込で昨日散々揉めたところ先方の非を認めた前の会社ですが、結局6月分の社保のためどうすることもできず(折半だし)、シカトしたら身元保証人として人質にされている母の元に連絡が入ってしまうと思い、今日朝イチで振り込みました。

悔しい気持ちはありますが、この件で何度も連絡されるたびに心臓がバクバクして緊張するよりは(やっぱり何か心の病だったか?)、さっさとお金を払って縁を切った方が良い!!と思い即行動しました。同じような状況の方が知恵袋で相談していても答えは同じだったので。

計画的に退職する方で次が決まってない方は、月末付で退職するか(資格喪失日が翌月1日)それ以前かは意識して行動した方が良いです。

さらにこれも揉めた休眠させた会社の法人税関係ですが、こっちも早くスッキリさせようと思い、均等割と消費税を自腹で払い(涙)、税務署にはチャリで行って決算書類を直接渡してきました。

あぁスッキリした!!

あとは借金だけだぜ!これが終われば晴れてフリーダムだ!がんばろ!夢を見よう!

JAXAの人体実験に応募してみました

というわけで、去年12月の時は自分自身がふわふわした状態だったため応募できなかったJAXA”宇宙を模擬した閉鎖環境化でココロの動きを探る”治験ボランティアですが、

今回は再就職も諦めているし、38万円もくれるし、正直相当なネタにできると思い、今回は応募してみました!

おっ、お金欲しい(汗)

早速応募エントリーだ!

というわけで、まずは医学ボランティア会JCVNというやつに登録します。これに登録しないとJAXAの人体実験には応募できません。

そのあとJAXA治験特設サイトへ行き、必要事項と志望動機などを入力します。

JAXA閉鎖試験募集

ちなみに僕の志望動機は、

”6月末で失業したので時間が有り余っています。それと外界と遮断された時間を強制的に作ってもらうことに非常に興味があります。その上宇宙の研究に協力できてギャラまでもらえるなんて最高です。”

といった感じです。8/3締め切りだそうです。

なんでも、治験の仕事は”ボランティア”と言い、ギャラのことを”協力費”と言うんだそうです。

仕事と報酬”の関係が成り立ってはいけないわけです、わかります。

倫理上の問題なんですか?

<概要>
治験名:JAXA”宇宙を模擬した閉鎖環境化でココロの動きを探る”
参加条件:20-55歳の健康な男性
実施場所:JAXAつくば
応募期間:7/21-8/3
協力費:38万円

申し込みが完了すると確認メールが届きます。そんなに難しいことはありませんでした。

なんでも前回は4500人近くの応募があったらしく、当選者は8人のみなので、とんでもない倍率ですね!

“20-55歳の健康な男性”が条件なのに、、、みんな僕と同じニートか?4500人も!?!?

治験(実験)内容はというと、4人ずつ2部屋に分かれて実施されるそうで、そこで宇宙に滞在した時と同じようなストレスを与えたり仕事をしながら観察・検査するといった感じみたいです。

宇宙環境なので食事は宇宙食のみ、もちろん外界とは音信不通、長さ11m x 幅3.8mの円柱に13泊14日間”監禁状態”となるんですって!

しかも14日間24時間ずっと4人の男と過ごすのはちょっと辛いかも?

前回の様子が描かれている記事

まぁ当選したら笑ってください!

興味のある方は応募してみては?



 - アルバイト