人生大逆転を狙うアラフォー無職男のブログ – まぁゆっくりいこうよ –

起業して人生を謳歌するも挫折し再就職したが3ヶ月でうつ病寸前になり退職、実家に戻り母親と2人暮らしになる。地方の風はもっと厳しく未だに無職だが、個人事業主として再出発、もう1度ビッグウェーブを目指して奮闘中!

*

プレス業者の子会社の面接を受ける 42歳男の再就職活動 その7

      2016/09/03

夢と希望と屈辱満載の面接でした

前回の記事”できるのか?42歳男の再就職活動 その6”にて、オワコンの中小老舗印刷会社の1次面接の様子をお伝えしましたが、

今回はプレス業者の子会社の面接です。CD(コンパクトディスク)問いう存在自体がこの世の中から抹殺されそうな勢いなので当然業績は良くないのでしょうが、

それを補うために儲かっている事業部を分離・子会社化することでできた会社でした。

さすがに僕の経歴からなら興味を持ってくれるだろうとまたまた意味のない自信が蘇り(ほんとバカです)、

なんなら社内でレーベル作っちゃうよくらいのノリで臨みました(アホ丸出し)。

面接地であるビルに向かう途中(というか駅からすでに)、大学を卒業して新卒で入社した会社の本社があります。

3兆円企業なので眩いくらいの輝きです。

立派な自社ビルが増えてます。お金持ってます。この時点で僕の心は動揺してます。

そして今度は独立時によく仕事をした大手企業があります。電気メーカー系のエンタメ系なので華やかです。眩しいです。

”もう心が押しつぶされそうです”

ここまで来てバックレるわけにもいかないので、面接は受けましたが、この会社に毎日通うことになったら劣等感でダメ人間になりそうだなと思いました。

会場に到着して面接開始!

で、受けた会社の口コミの評判がとても良く、社員にも優しい社長さんだとも書いてあり、初めて”経験者”として臨める業種でもあったので話も盛り上がるかなと思っていたのですが、

まず時間になっても面接が始まりません!

予想とは違って雰囲気も重い感じです。で、ようやく前の人が終わったらしくエレベーターまでお見送りしているのですが、面接を受けていた人が、、、

どう見てもアキバ系のオタク!?

しかもやる気満々!これなら勝てる!とその場では思ったのですが、

よくよく考えたらこの会社はアニメの検証もやっているそうで、その戦力ってことで面接を受けたようでした。逆に勝てんわ、、、。

そしていよいよ僕の番!

呼ばれた方は柔らかい物腰の人事?の人だと思います。

で、もう1人責任者のような社長のような人がいて、その人のみが面接を進める感じです。

記憶が薄れてはきているのですが、確か自己紹介的なことを話してそのあとは音楽関係の質問だったと思います。

僕がやっていたアーティストの大ファンということで、、、きっと心の中では、”こいつ落ちぶれたな”と思ってたのかな(汗)、あとはプレス業界が悲惨なこととか話したような気がします。

ここまで約10分くらい、もうあっちはまとめようとしています。

今までの面接は1−2時間が普通だったのでちょっと拍子抜けですが、最後に聞かれた質問。これで僕の合否は決まったみたいです。

以下の質問で合否は決まったみたいです

”ところで給料はいくら欲しいですか?”

“40万は欲しいです”

”じゃぁ年収480万円ですね”

この金額、おそらく管理職級です。

この業界のしかも子会社なら。というわけでその場で”X”ですね、おそらく。

面接が終わって外に出ると、

もう次の人が待っています。僕の時と同じです。

これってもしかして応募者全員面接してる?で、時間は15分って決めてる?という印象でした。

今入った会社とここで悩んだのですが(結果的に不採用でしたが:汗)、まぁ、折り合いがついてなかったということですね。

ヤベェ、もう完全に次の面接のこととか忘れてきた〜!

頑張って思い出します!!

 - 42歳の転職活動記録, アラフォーの再就職