人生大逆転を狙うアラフォー無職男のブログ – まぁゆっくりいこうよ –

起業して人生を謳歌するも挫折し再就職したが3ヶ月でうつ病寸前になり退職、実家に戻り母親と2人暮らしになる。地方の風はもっと厳しく未だに無職だが、個人事業主として再出発、もう1度ビッグウェーブを目指して奮闘中!

*

ブラック企業に転職してみて実感した、”好きなことで生きていく”事のありがたみ(1)

      2016/09/03

約2ヶ月間になりますが、すっかりご無沙汰をしてしまいました。

就職決まって1ヶ月ありましたが、

3月中は実家に帰って母に転職を報告したり(意外に喜んでました)、

自己アフィリエイトやって練習したり(意外と儲かりました)、

会社閉じる手続きしたり(結構面倒でした)、

バイトを終了させたり(みなさん寂しがってくれてなんだか感慨深かったです)と、

結構充実した毎日で、”これからマジで人生立て直すぜ!”と意気揚々と入社初日を迎えましたが、、、。

第一印象はやっぱり重要でした

雇用契約の時に、4/1の9時に来いと言われ、その間連絡もなかったので当然その準備をしていましたが、前日夜10時くらいに11時に変更とメールが来て(それ気づいたの当日の朝だし)、一番最初にこの会社に面接に行った時の”薄暗い”印象と内定の通知も日曜の夜中とかだったことを思い出し、”ヤベェ、行くとこ間違えたかな?”という長年の勘が冴えまくるという、、、前途多難な感じになってしまったんです。

で、未経験でも焦らず時間をかけて半年くらいかけて頑張ってくれと言ってる割には2ヶ月後にはノルマついてたりとか、

”はい論破”のイヤミ課長の実写版の老害ジジイがいたりとか(毎日すごいです)、

部下に全く無関心どころか逆に面倒見るの面倒くさいオーラ全開の仕事命の独身アラフォー部長とか、

これからの仕事の進め方を決めた会議を2時間やった後の30分後に全く違う仕事をやるため会議の件は全てなしという本部長、社長とか、、、。

そして誰も他人の仕事は一切手伝わない、、、。でも、人を精神的に追い込むのだけは全員プロフェッショナルという、、、。

しかも会社に来なくなった人の処遇の話とかしてて、”IPOの審査で変な辞め方されると困るから、適当に試用期間中に自分で辞めたとかにしとけば?”みたいな会話してたり、、、。若者は全員病んでるし、、、。

これが世に言う”ブラック企業”か?

元々勘の鋭い方で、第一印象で本質見抜く方なんですが、、、やっぱり、、、当たってた、、、やばいぞ、これ。

というわけで、只今絶賛うつ病手前です。マジで。

今になって他の会社で受けた面接で、そこの社長さんがアドバイスしてくれた言葉、

”お前は絶対会社勤めなんかしちゃダメだ。もう1回自分で這い上がれ!”

が胸に突き刺さります。やっぱ人生経験豊富な人はすぐわかるんだなぁと。

まぁとりあえず頑張ってみます

今日は日曜日ですが、明日から来週の月曜日まで8連チャンです。

よし、そこまでは頑張ろう、で、休みの日に辞めるか続けるか考えよう。

どうせ会社連中は俺のことなんて誰も何とも思ってないし(むしろ人件費の無駄と思ってるし)、こんな状況なら早く抜け出した方が良い!

いや、これはきっと、俺が出版社なんかの人で、ブラック企業の潜入レポート取材中なんだ、これはとっても貴重なネタなんだ、、、。

そう思うことにしよう

どうなる?この後!?

乞うご期待!(何回か書いたら通常のブログに戻します、すいません)。

 - アラフォーの再就職, サラリーマン奮闘記