人生大逆転を狙うアラフォー無職男のブログ – まぁゆっくりいこうよ –

起業して人生を謳歌するも挫折し再就職したが3ヶ月でうつ病寸前になり退職、実家に戻り母親と2人暮らしになる。地方の風はもっと厳しく未だに無職だが、個人事業主として再出発、もう1度ビッグウェーブを目指して奮闘中!

*

税理士なんて必要ないぜ!法人決算を自分で作ってみました。意外とイケます!

      2016/07/13

もう会社は辞めましたが(正確には6/30日付)、

4月から就職して今後の売り上げもないし、

均等割を毎年7万円払い続けるのはもったいないので4/28付で休眠届けというものを提出しました。

法律上、正式には存在しないものらしいですが、市役所に行くと4枚綴りの届出書をくれていろいろと説明もしてくれました。

これを税務署、都道府県税事務所、市町村にそれぞれ提出すると(それぞれに他に必要な書類もあります)、うまくいくと均等割を払わなくても大丈夫な場合があるそうです。

僕の場合、まだ会社の借金が470万円もあり、しかも保証協会付のため、このままの状態で返し続けるか、一括で返済するかの二者択一しかないと信用金庫に言われたため、

廃業はせず休眠という形で月々返済していくことになりました。

これを認めてもらうにあたり、

融資元の信用金庫はこういったケースはよくあるということで保証協会も”黙認”、

都税は金額も少ないため電話でOK、

税務署は活動しないならそもそも税金が発生しないので今期のみ決算を提出するということで問題なかったのですが、

市役所は結構面倒でした。

どうも休眠を認めるにあたり、市長の了承がいるらしく(まぁ秘書的な人がやるんだろうけど:汗)、

就職先の雇用契約書とか借金が返し終わったら廃業させることを約束するといった条件が結構ありました。

書類揃えてから連絡がないので認められたとは思いますが、

同じようなケースで悩んでいる方がいたら連絡くれれば相談のります!

で、決算が5/31ということで税金の支払いと書類の提出期限が7/31、もうやることもないし、、、

というわけで久々に会社の経理関係を引っ張り出して決算を作ることにしました!!

自力で作り始めてもう3期目だし売り上げも何もあったもんじゃないということで、すぐ終わると思ってやり始めましたが、

思ったより大変です(涙)

うちではずっと

freee

というクラウドサービスを使っているのですが、

最初はホントに使い辛かったし、メールでの問い合わせのみだったし(電話番号の記載は今でもありません)、

結構バグもあったのですが、

創業者が元グーグルのイケメン凄腕経営者ということで(笑)、

ドンドン機能アップしてるんですよ!で、

今ではほぼストレスフリーでなんでも自動で作ってくれます。



やり方さえ間違ってなければ、決算書や消費税の申告書のみならず勘定元帳やら添付書類やらも作ってくれます。

もちろん決算系だけじゃなく、日頃の月次系もB/SもP/Lもやってくれます。

僕も羽振りのいい時は税理士雇ってえらい金額(50万円とか?)払ってましたが、

freeeを使うと月額1,980円でできるし、専門的な知識がなくても大丈夫です、僕ができたので。

それにこれを使うまでは完全に無関心でザルだった”自分の会社の”経理・財務状況を、

自分で数字を作ることにより、

とても意識するようになりました(もう遅いが:汗)。

大企業では無理ですが、中小規模の企業や営業所くらいの規模のところ、個人事業主の方は絶対おススメです!

が、導入すると税理士に言った時の抵抗ぶり、怪訝な顔と言ったら今でも笑えます。

正直これあったら税理士なんて必要ないですからね。

節税・脱税アドバイスが必要な方は別ですが(笑)。

と宣伝はここまでで(笑)、結局決算作るのに6時間かかりました。

決算書と消費税はいいんですが、他は手入力が多く、”別表”的なやつはfreeeでは作成できないのでググって見つけたエクセルファイルで作るんです。

これが結構厄介なんですよ。

去年も税務署に行っていろいろと教えてもらいながらその場で作り直したりしました。

あっ、税務署の人ってかなり親切に”無料で”教えてくれるので、わからないことがあったら聞いてみるといいですよ。

税金の支払いのことでも相談に乗ってくれるし。

が、6時間で完成してしまう会社の決算って、、、。

まぁこれで本当の意味で一区切りつくと思うので、書類郵送して税金払って、次の展開を考えようと思います。

 - 会社運営術